奨学金返済に苦しむ実態

奨学金の返済にお困りなら

奨学金返済、一度滞ってしまうと最悪の場合、生活困窮者となり自己破産するというケースも少なくありません。その前にこちらをどうぞ。

奨学金返済に苦しむ実態

奨学金返済に苦しむ方は、当サイト『奨学金の返済にお困りなら』をどうぞご覧ください。
あなたのお悩みを解決する一助になればと書き記しております。

 
奨学金返済に苦しむ実態が報道される中

今、大学生の半数以上が奨学金を借りて就学しています。

しかし、雇用形態の変化により

卒業後、奨学金の返済ができなくなるケースが急増。

最悪の場合、生活困窮者となり

自己破産するというケースも少なくありません。  
 

奨学金の返済に悩んでらっしゃる方の相談内容です

 

奨学金の返済で悩んでいます。


今、返済に5万円/月を支払っています。


賃金の高い都市部と違い、奨学金の返済で貯金も出来ず生活が困窮しています。


国、町からの借り入れですが、月々の返済を減らすことは可能なのでしょうか?


現在、求職活動中ですが奨学金の返済が約300万円ほど残っているので


何とかしたいと考えています。

 

また、このようなケースも・・・

 

奨学金の返済ですが・・・


奨学金の返済額は300万程になるのですが、将来返していけるのか不安です。


現在、都内で一人暮らしをしています。家は母子家庭で家計が苦しい中、


奨学金を借りて4年生の大学を卒業しました。


結婚するまでに奨学金は完済したいと考えていますが


非常に厳しい状況と感じています。


月40000円程の返済、家賃、貯金と将来に向けてやっていけるか


絶望感さえ覚えます。

 

また、このようなケースも・・・

 

奨学金返済猶予について相談させて下さい。


経済困難の理由で奨学金返済が滞っています。


将来、返済に困らないよう転職しましたが、会社側の都合により


退職となってしまい、収入が不安定な状態です。


現在、アルバイトと借金をして生活していますが


カードローンの支払いも厳しい状況です。


ご回答頂ければと思います。

 

非正規または低賃金雇用の社会

 

バブル経済崩壊以降の日本経済は豊かさに陰りがみえ、人余り、


リストラに継ぐリストラの末、終身雇用の廃止が加速化しています。


非正規雇用が増加の一途をたどり、将来の支えになる年金を納めることができず


年金未納の若者が多くいるのも現状です。




企業からみれば非正規雇用は経費がかからず、扱いやすいため


正規雇用の枠は増えることはありません。


そういった時代背景からすると


就職難の傾向は、当然の世相であり


もう二度とあの豊かさは戻ってはこないでしょう。




そういった時代と時を同じくして、景気低迷のさなか、


日本全国に都道府県立大学が乱立し、親の雇用、賃金がままならない中


子どもは容易に大学進学を希望して、高額な学費のため学資資金を借入れます。


親の生活が苦しくなる一方で、学生生活を過ごしたものの就職先がみつからず、


しかし、借入先からの支払いの催促に応じなければなりません。




親に相談できず、借金返済のため借金の借金をして


雪だるま式に借金が膨れあがります。


返済ができる方であっても


今の仕事、今の収入で支払い続けることに


将来の不安だけを感じマイナススパイラルに


陥るのはうっすらと感じているはずです。




こうなると八方ふさがりの直前です。


こうなる前に、


2018年以降の消費税10%引き上げを向かえる前に
 

ひとりで悩まずあなたには、決断してほしいと思います。
 

わたしが決断し、支援を受けたのは【こちら】でした。

 

自己破産をお考えの方へ

 

自己破産した場合、借金することが当面の間、できなくなることになります。


そうはいっても車の購入、結婚、出産、マイホーム、教育ローンなど


将来にわたり借金しないわけがない現実があります。


親のやり繰りも見てきています。


多少の額といえど借金をしてきたはずです。


借金の額は、減らないまでも自己破産せずに月々の支払い額は軽減できます。


まずは一度【こちら】に問合せだけでも、相談だけでもしてみませんか?

 
忘備録


「如何に苦しかろうとも債務整理はやらない」とおっしゃる方もいらっしゃると思います。しかし、実際的に借金返済をすることができる方は、大体収入が多い方に限られると言っても過言ではありません。
債務整理というのは、借金問題の解決方法の1つです。債務整理をしたら、キャッシングすることはできなくなりますが、プレッシャーに感じていた返済地獄からは抜け出せます。
借金の相談をした方が賢明だと言う理由は、相談先の法律事務所が各債権者に「受任通知」郵送し、「弁護士が債務整理を受任した」ことを告示してくれるからなのです。これでそしりを受けることなく返済から解放されます。
個人再生は裁判所を介するため、債務整理の方向性はそれなりの強制力が伴うと考えるべきです。なお個人再生で生活を安定させたいという方にも、「一定の収入がある」ということが求められます。
弁護士に借金の相談に乗ってもらうつもりなら、一刻も早く動いた方が良いと言えます。なぜなら、以前なら不可能ではなかった「返済するためにまたキャッシングする」ということが、総量規制が敷かれたことで出来なくなるからです。

ずっと前の借金は、利息の見直しが最優先策だと言われるくらい高金利がある意味常識だったのです。最近では債務整理を敢行するにしても、金利差に目を付け手を打つだけではローン圧縮は容易くはなくなっていると指摘されます。
任意整理の時も、金利の改変が中心的な取り組みになるのですが、それだけでなく他にも債務の減額方法は存在します。例えば、一括返済をすることで返済期間をグッと短縮して減額を納得させるなどです。
債務整理をする際は、先ずは弁護士が受任通知なるものを債権者に送り込みます。これが届いた時点で、一定期間返済義務から解放されて、借金解決ということが実現した気分になれると思います。
債務整理が周知されるようになったのは2000年の初め頃のことで、それから間もなく消費者金融などの問題視された「グレーゾーン金利」が禁止されたというわけです。その頃は借金が可能だったとしても、みんな高金利だった記憶があります。
任意整理の場合、債務をどうするかに関して話し合いの場を設ける相手と申しますのは、債務者が思うがままに選定できることになっています。こうした部分は、任意整理が自己破産や個人再生と全く異なっているところだと言えます。

債務整理とは、消費者金融などの借金を縮減する手続きだと考えることができます。古い時代の返済期間が長期のものは、調べている最中に過払い金の存在が明確になる場合が多く、借金を相殺できるということもありました。
債務整理と申しますのは借金解決に欠くことができない方法なのですが、減額交渉に関しては一流の弁護士が必要です。要するに、債務整理を上手に進められるかは弁護士の経験と腕に影響を受けるということです。
債務整理を行うと、当分はキャッシング不能状態になります。そうは言っても、闇金と揶揄される業者からDMが届くこともありますので、他に借金をするといったことがない様に気を付けなければなりません。
過払い金につきましては、不法行為があったということが明らかな場合、時効の年数も3年間延長されるのです。しかし、間違いなく通用するか否かは素人には判断できませんから、一刻も早く弁護士に相談してください。
過払い金と言われるのは、貸金業者などに支払い過ぎた利息のことで、返済完了後10年以内でしたら、返還請求を行なうことが可能です。過払い金返還請求と申しますのは個人でも可能ですが、弁護士にお願いするのが当たり前になっています。

 


— サイト運営者 —