奨学金返済に苦しむ実態

奨学金の返済にお困りなら

奨学金返済、一度滞ってしまうと最悪の場合、生活困窮者となり自己破産するというケースも少なくありません。その前にこちらをどうぞ。

奨学金返済に苦しむ実態

奨学金返済に苦しむ方は、当サイト『奨学金の返済にお困りなら』をどうぞご覧ください。
あなたのお悩みを解決する一助になればと書き記しております。

 
奨学金返済に苦しむ実態が報道される中

今、大学生の半数以上が奨学金を借りて就学しています。

しかし、雇用形態の変化により

卒業後、奨学金の返済ができなくなるケースが急増。

最悪の場合、生活困窮者となり

自己破産するというケースも少なくありません。  
 

奨学金の返済に悩んでらっしゃる方の相談内容です

 

奨学金の返済で悩んでいます。


今、返済に5万円/月を支払っています。


賃金の高い都市部と違い、奨学金の返済で貯金も出来ず生活が困窮しています。


国、町からの借り入れですが、月々の返済を減らすことは可能なのでしょうか?


現在、求職活動中ですが奨学金の返済が約300万円ほど残っているので


何とかしたいと考えています。

 

また、このようなケースも・・・

 

奨学金の返済ですが・・・


奨学金の返済額は300万程になるのですが、将来返していけるのか不安です。


現在、都内で一人暮らしをしています。家は母子家庭で家計が苦しい中、


奨学金を借りて4年生の大学を卒業しました。


結婚するまでに奨学金は完済したいと考えていますが


非常に厳しい状況と感じています。


月40000円程の返済、家賃、貯金と将来に向けてやっていけるか


絶望感さえ覚えます。

 

また、このようなケースも・・・

 

奨学金返済猶予について相談させて下さい。


経済困難の理由で奨学金返済が滞っています。


将来、返済に困らないよう転職しましたが、会社側の都合により


退職となってしまい、収入が不安定な状態です。


現在、アルバイトと借金をして生活していますが


カードローンの支払いも厳しい状況です。


ご回答頂ければと思います。

 

非正規または低賃金雇用の社会

 

バブル経済崩壊以降の日本経済は豊かさに陰りがみえ、人余り、


リストラに継ぐリストラの末、終身雇用の廃止が加速化しています。


非正規雇用が増加の一途をたどり、将来の支えになる年金を納めることができず


年金未納の若者が多くいるのも現状です。




企業からみれば非正規雇用は経費がかからず、扱いやすいため


正規雇用の枠は増えることはありません。


そういった時代背景からすると


就職難の傾向は、当然の世相であり


もう二度とあの豊かさは戻ってはこないでしょう。




そういった時代と時を同じくして、景気低迷のさなか、


日本全国に都道府県立大学が乱立し、親の雇用、賃金がままならない中


子どもは容易に大学進学を希望して、高額な学費のため学資資金を借入れます。


親の生活が苦しくなる一方で、学生生活を過ごしたものの就職先がみつからず、


しかし、借入先からの支払いの催促に応じなければなりません。




親に相談できず、借金返済のため借金の借金をして


雪だるま式に借金が膨れあがります。


返済ができる方であっても


今の仕事、今の収入で支払い続けることに


将来の不安だけを感じマイナススパイラルに


陥るのはうっすらと感じているはずです。




こうなると八方ふさがりの直前です。


こうなる前に、


2018年以降の消費税10%引き上げを向かえる前に
 

ひとりで悩まずあなたには、決断してほしいと思います。
 

わたしが決断し、支援を受けたのは【こちら】でした。

 

自己破産をお考えの方へ

 

自己破産した場合、借金することが当面の間、できなくなることになります。


そうはいっても車の購入、結婚、出産、マイホーム、教育ローンなど


将来にわたり借金しないわけがない現実があります。


親のやり繰りも見てきています。


多少の額といえど借金をしてきたはずです。


借金の額は、減らないまでも自己破産せずに月々の支払い額は軽減できます。


まずは一度【こちら】に問合せだけでも、相談だけでもしてみませんか?

 
忘備録


自己破産が認められると、すべての借金の返済が要されなくなります。これと申しますのは、裁判所が「申請者は支払が不能な状態にある」ことを認めた証拠だと考えられます。
いろいろと頭を抱えることも多い借金の相談ですが、あなた一人では解決は望めないと言われるのであれば、一刻も早く弁護士みたいな法律の専門家に相談すべきです。
債務整理というのは、弁護士などにお任せして借金問題を処理することなのです。債務整理に要される費用については、分割払いOKというところも見受けられます。それ以外に、公共の機関も利用できるのだそうです。
債務整理と申しますのは、消費者金融などの借金を減じる手続きのことです。10年ほど前の返済期間が長期に及ぶものは、リサーチの段階で過払いの存在が明確になることが多く、借金をなくすことができる場合もあったと聞いております。
個人再生は裁判所が間に入る為、債務整理のやり方につきましては一定の強制力が伴うと考えるべきです。なお個人再生により生活を立て直したいという方にも、「安定・継続した給料がある」ということが求められます。

個人再生に関しては、債務合計額が5000万以下という前提条件で、3年~5年の再生計画に従い返済します。きちんと計画した通りに返済すると、残っている借入金の返済が免除してもらえるのです。
個人再生においては、金利の引き直しを実施して借金の総額を下げます。ですが、借り入れが最近だとしたら金利差が皆無なので、それとは違った減額方法をあれやこれや組み合わすようにしないと不可能です。
債務整理に関しては、1980年代に増えた消費者金融などからの借金問題整理のために、2000年辺りから扱われるようになった方法だと言われ、行政府なども新制度の創設などで支援しました。個人再生はその内の1つだと言えます。
過払い金で注意することは、戻るお金がありそうなら、できるだけ早く動くということです。その理由は、中小金融業者に過払いが存在しても、返戻されないということが十分にあり得るからだということなのです。
古い時代の債務整理が今日のものと異なると言える点は、グレーゾーンが存在したということです。そういう背景から金利の引き直しを実施すれば、ローンの減額が無理なく実現できたのです。

債務整理を行なうしか方法がないというような人が時にやってしまう逃げ道に、クレジットカードの現金化があります。クレジットカードを利用した現金化は、今まではグレーゾーンでとどまっていたわけですが、今の時代は違法になります。
債務整理が身近な存在になったというのはとても良いことだと思います。そうは申しましても、ローンというものの恐ろしさが知られる前に、債務整理がクローズアップされるようになったのは残念に思います。
債務整理は借金問題をなくす為の手段だと言えます。けれど、今日の金利は法で規定された金利内に収まっていることが多いので、大きい金額の過払い金を望むことはできません。
債務整理と呼ばれるものは、ローンの返済等に充当するお金を工面できなくなった時に、嫌々ながら手を出すものだったわけです。それが、ここに来てより一層易々と敢行できるものに変わりました。
債務整理はローンの返済が滞ってしまった場合に行なわれるのが一般的です。だけれど、ここ最近の金利はグレーゾーンのものはないので、金利の差でもたらされる優位性が得づらくなってしまったのです。

 


— サイト運営者 —