奨学金返済に苦しむ実態

奨学金の返済にお困りなら

奨学金返済、一度滞ってしまうと最悪の場合、生活困窮者となり自己破産するというケースも少なくありません。その前にこちらをどうぞ。

奨学金返済に苦しむ実態

奨学金返済に苦しむ方は、当サイト『奨学金の返済にお困りなら』をどうぞご覧ください。
あなたのお悩みを解決する一助になればと書き記しております。

 
奨学金返済に苦しむ実態が報道される中

今、大学生の半数以上が奨学金を借りて就学しています。

しかし、雇用形態の変化により

卒業後、奨学金の返済ができなくなるケースが急増。

最悪の場合、生活困窮者となり

自己破産するというケースも少なくありません。  
 

奨学金の返済に悩んでらっしゃる方の相談内容です

 

奨学金の返済で悩んでいます。


今、返済に5万円/月を支払っています。


賃金の高い都市部と違い、奨学金の返済で貯金も出来ず生活が困窮しています。


国、町からの借り入れですが、月々の返済を減らすことは可能なのでしょうか?


現在、求職活動中ですが奨学金の返済が約300万円ほど残っているので


何とかしたいと考えています。

 

また、このようなケースも・・・

 

奨学金の返済ですが・・・


奨学金の返済額は300万程になるのですが、将来返していけるのか不安です。


現在、都内で一人暮らしをしています。家は母子家庭で家計が苦しい中、


奨学金を借りて4年生の大学を卒業しました。


結婚するまでに奨学金は完済したいと考えていますが


非常に厳しい状況と感じています。


月40000円程の返済、家賃、貯金と将来に向けてやっていけるか


絶望感さえ覚えます。

 

また、このようなケースも・・・

 

奨学金返済猶予について相談させて下さい。


経済困難の理由で奨学金返済が滞っています。


将来、返済に困らないよう転職しましたが、会社側の都合により


退職となってしまい、収入が不安定な状態です。


現在、アルバイトと借金をして生活していますが


カードローンの支払いも厳しい状況です。


ご回答頂ければと思います。

 

非正規または低賃金雇用の社会

 

バブル経済崩壊以降の日本経済は豊かさに陰りがみえ、人余り、


リストラに継ぐリストラの末、終身雇用の廃止が加速化しています。


非正規雇用が増加の一途をたどり、将来の支えになる年金を納めることができず


年金未納の若者が多くいるのも現状です。




企業からみれば非正規雇用は経費がかからず、扱いやすいため


正規雇用の枠は増えることはありません。


そういった時代背景からすると


就職難の傾向は、当然の世相であり


もう二度とあの豊かさは戻ってはこないでしょう。




そういった時代と時を同じくして、景気低迷のさなか、


日本全国に都道府県立大学が乱立し、親の雇用、賃金がままならない中


子どもは容易に大学進学を希望して、高額な学費のため学資資金を借入れます。


親の生活が苦しくなる一方で、学生生活を過ごしたものの就職先がみつからず、


しかし、借入先からの支払いの催促に応じなければなりません。




親に相談できず、借金返済のため借金の借金をして


雪だるま式に借金が膨れあがります。


返済ができる方であっても


今の仕事、今の収入で支払い続けることに


将来の不安だけを感じマイナススパイラルに


陥るのはうっすらと感じているはずです。




こうなると八方ふさがりの直前です。


こうなる前に、


2018年以降の消費税10%引き上げを向かえる前に
 

ひとりで悩まずあなたには、決断してほしいと思います。
 

わたしが決断し、支援を受けたのは【こちら】でした。

 

自己破産をお考えの方へ

 

自己破産した場合、借金することが当面の間、できなくなることになります。


そうはいっても車の購入、結婚、出産、マイホーム、教育ローンなど


将来にわたり借金しないわけがない現実があります。


親のやり繰りも見てきています。


多少の額といえど借金をしてきたはずです。


借金の額は、減らないまでも自己破産せずに月々の支払い額は軽減できます。


まずは一度【こちら】に問合せだけでも、相談だけでもしてみませんか?

 
忘備録


借金の相談は法律事務所の方がよいというのは、弁護士が「受任通知」を債権者の方に送付してくれるからなのです。その通知のお陰で、とりあえず返済義務がなくなります。
債務整理をしない主義の人も見かけます。そういう方は新たなキャッシングでその場しのぎをすると耳にしました。とは言っても、そうできるのは給料を多くとっている人に限られることのようです。
借金の相談を急かせるわけは、相談を持ち込まれた法律事務所が債権者の側に「受任通知」送付し、「弁護士が債務整理に動き出した」ことを告げてくれるからなのです。これにより法律に即した形で返済を停止することができます。
「借金の相談をどこにするか」で頭を悩ます人も珍しくないでしょう。何故ならば、借金の相談結果は大体弁護士等の能力により大きく影響を受けるからです。
それまで期限を順守しなかったことがない借金返済がきつくなったら、意識的に借金の相談をした方が良いと断言します。もちろん相談しに行く相手というのは、債務整理に精通した弁護士です。

自己破産をすることになったら、個人で所有している住居やマイカーは手放すことになります。けれども、借家の方は自己破産後も今住んでいるところを変えることは要されないので、生活ぶりはほぼ変わらないでしょう。
借金返済のめどが立たなくなった時は、債務整理を急いでやりましょう。債務整理を始めますと、直ぐに受任通知という封書が弁護士より債権者の方に送られ、借金返済は直ちにストップされます。
債務整理を敢行した人は、5年程度はキャッシングが不可能になります。ですが、現実的にキャッシングができないとしても、暮らしていけなくなることはありません。
債務整理と言いますのは、消費者金融などの借金を減額してもらう手続きのことだと解してください。以前の返済期間を敢えて長期にしているものは、調査していく中で過払いの存在がはっきりすることが多々あり、借金をチャラにできるということが多かったようです。
債務整理については、何よりも先に弁護士が「受任通知」を債権者に送り届けます。これが先方に到着しましたら、限定的ではありますが返済義務から解放されて、借金解決を成し遂げた気分になれます。

債務整理というのは、弁護士などに頼んで借金問題を克服することをいうわけです。費用については、分割払い歓迎というところも存在しているようです。弁護士の他だと、自治体の機関も利用できると聞いています。
任意整理進行中に、債務に対し利息制限法を限度を上回る高金利設定をしていることが判明すれば、金利を下げるように求めます。当然過払い金があるというのであれば、元本に割り当てるようにして残債を減額するわけです。
借金の額が半端じゃないと、返済することばかり考えることになり、それ以外のことがまともに手につかなくなります。いち早く債務整理する意を固めて、借金問題を済ませてほしいものです。
過払い金につきましては、これが不法行為だとされた場合、時効の期限も3年延びるということです。ただし、ちゃんと通用するかは一般人にはわかるはずもないので、早急に弁護士に相談すべきです。
自己破産についての免責不認可理由に、お金の使いすぎやギャンブルなどが原因となった資産の減少が入るようです。自己破産の免責は、どんどん厳しさを増していると考えられます。

 


— サイト運営者 —